×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コーディネートに嫉妬

コーディネートに嫉妬

このエントリーをはてなブックマークに追加  

変化を恐れずコーディネートする

自分に自身のない人は、変化することを恐れている方がいます。

 

少し勇気を出して変化する事によって、見た目が見違えることもあります。

 

一度、コーディネートを専門で行なっている人にアドバイスを貰うのもよいです。

 

見慣れていない自分を見ると、周りの評価が怖いのか、変化を避けようとしませんか。

 

いつも見慣れている貴方が好きなのであればよいのですが、そうでない人はオシャレになれるチャンスを逃していることになります。

 

いつもコーディネートを考えているのは何故でしょう。

 

人によく見られたいと思っているからのはずです。

 

であれば、更に自分を魅力的に見せるためにもファッションコーディネートに拘ってみたり、髪型を変えてみたり、いろいろと試してみて下さい。

 

色々と挑戦してみて失敗だったと思うこともあるかも知れませんが、少し馴染んできたと思うまでは続けてみてください。

 

結果的に失敗だったとしても、それは魅力的な新しい貴方を見つけるための過程なのです。

 

失敗は成功のもとであり、授業料だと思えば安いものです。

 

参照サイト

  1. 変わりつつあるバルーンギフト
  2. 私が思うバルーンギフトの魅力

友達のテーブルコーディネート

私の友達に男勝りな女の子がいます。

 

男っぽいのに、料理が上手でなんでもやりこなすので、うち飲みをする時は必ず彼女の家に集まっています。

 

男女共に人気のある子で、見た目や言動とは違い、繊細な料理やテーブルコーディネートをするので、いつも皆が「影武者がいるんじゃないか?」と言っています。

 

彼女の持ち合わせている美のセンスなのだと思いますが、女性らしいテーブルコーディネートをしてくれます。

 

春夏秋冬の季節に応じたものから、ハロウィンやクリスマスなどのイベントに応じたものまで、そのほとんどが手作りだというから驚きなのです。

たった1回のうち飲みの為に、彼女は非常に凝った演出をしてくれます。

 

料理の品数も、本当に1人で作ったのかと思うくらい沢山あり、手際よく次から次へと出してくれるのです。

 

同じ女として見習いたいなと思うところですが、彼女のコーディネートセンスは誰も真似が出来ません。

 

せめて彼氏と過ごす時にそんな魔法が使えたらいいなと思うので、今は伝授してもらっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
 
 

ホーム RSS購読
トップページ 街中で学ぶコーディネート 味付けコーディネート コーディネートの基礎ポイント 持ち味を活かしたコーディネート